記事には広告を含む場合があります。

サンディエゴ

サンディエゴ旅行の費用はいくら?旅費の節約方法も解説

2022年7月19日

サンディエゴ旅行に行くには予算はいくら必要?何にいくらかかるの?総額は?
満足度はそのままにサンディエゴの旅費を節約する方法はあるの?

こんな疑問にお答えします。

おゆ
アメリカ在住のおゆです。実際にサンディエゴ旅行に行った経験をもとに掛かる費用を解説します。
アメリカ旅行に10回以上行った経験から満足度は下げずに旅費を節約する方法も解説します。

この記事でわかること

  • サンディエゴ旅行に掛かる費用総額と内訳
  • サンディエゴ旅行の費用節約術

サンディエゴ旅行の費用は総額いくら?

旅費の総額は旅行の日数と行く場所によります。

ここでは例として以下の記事で紹介したモデルコースに掛かる費用を計算してみました。

サンディエゴの有名観光地9か所を巡る2泊4日プランです。

サンディエゴ観光モデルコース

サンディエゴ観光の必要日数と1日or2泊4日モデルコース

続きを見る

2泊4日モデルコース概要

1日目:お昼ごろに空港に到着→サンディエゴ観光
2日目:サンディエゴ観光
3日目:サンディエゴ観光→日本へ出発→機内泊
4日目:日本に到着

この場合の2人分の旅費は以下のようになります。

費用 料金 節約ポイント(記事内で解説)
飛行機代 約300,000円 エクスペディアで料金比較
現地の移動費 約4,000円 公共交通機関を利用
ホテル代 約20,000円 エクスペディアで予約
観光費 約50,000円 シティパスで割引き
食費 約26,000円  
通信費 約2,700円 U.S.データのレンタルWiFiをグループで共有
ESTA 約5,000円  
総額 約407,700円  

1人あたり20万円くらいの予算があればサンディエゴ旅行を楽しめます。

サンディエゴ旅行の費用内訳と旅費節約術

飛行機代

飛行機

日本からサンディエゴ国際空港への往復の飛行機代は直行便で約45万円~、乗り換えありなら約15万円~です。

フライト時間は直行便なら約10~12時間、乗り継ぎありなら15時間~です。

飛行機代を節約するのならあらゆる航空会社の値段を比較して最安値を探すのが近道です

同じ経路、サービスでも航空会社によって値段が数万円単位で異なります。

しかし自分で1つ1つ検索するのは大変ですよね…

そういう時は航空券の一括比較サイトExpedia(エクスペディア)が使えます

複数社の飛行機を簡単に比較でき、最適な組み合わせを提案してくれますよ。

>>Expedia公式HPはこちら

さらに航空券と同時にホテルもExpediaで予約すると数千円から数万円の値引きがあります

現地の移動費

駅

公共交通機関はバスやトロリー(路面電車)が使えます。空港から市内へもバスで行けます。

運賃はどこまで乗っても片道2.5ドルです。

バス・トロリーの乗り方はこちら

サンディエゴのバス・トロリー(路面電車)の乗り方・PRONTOの使い方

続きを見る

ただし夜の移動は治安を考えて配車サービスがおすすめです。

アメリカの配車サービスにはUberとLyftがあります。

基本的にUberを入れておけばOKですが、Lyftと値段を比較しながら使うとより安く済ませられます。

Uberの使い方はこちら

アメリカでのUberの使い方を徹底解説!領収書発行・予約方法など

続きを見る

Lyftの使い方はこちら

アメリカの配車アプリLyftの使い方・予約方法・チップ・キャンセル料など

続きを見る

ホテル代

ホテル

サンディエゴの宿泊費はエコノミーホテルなら1泊1人約1万~3万円、ラグジュアリーホテルなら約3万~5万円です。

アメリカのホテルを安く予約するのにおすすめの予約サイトはExpedia(エクスペディア)です。

>>Expedia公式HPはこちら

アメリカの企業が運営しているだけあってアメリカの掲載ホテル数が多く、値段は最安値水準です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

おすすめホテル予約サイト

一番安いのは?アメリカのおすすめホテル予約サイト8つを徹底比較

続きを見る

さらに航空券とホテルの同時予約で数千円から数万円の値引きがあります

ちなみに私たちがサンディエゴで宿泊したのは上の写真のURBAN BOUTIQUE HOTELです。

ダウンタウンのリトルイタリーにあり、2人で1泊当たり約1,1000円でした。

お部屋はこちらです。清潔感がありました。
部屋

バスルームはこちら。
バスルーム

部屋には電子レンジもありました。受け付けの方は親切で立地もよく満足でした。

観光費

サンディエゴ動物園

主な観光地と入場料はこちらです。

  • サンディエゴ動物園:約10,000円
  • シーワールド・サンディエゴ:約16,000円
  • レゴランド・カリフォルニア:約18,000円
  • ミッドウェイ博物館:約4,500円
おゆ
日本に比べると高めですよね。

そこでアメリカには主な観光地に割引価格で入場できるシティパスというサービスがあります。

サンディエゴシティパスを使うとサンディエゴの有名観光地4~5か所の入場料が4割以上割引きになります。金額にして1万円以上も安くなります。

おゆ
筆者はアメリカ旅行の時はいつもシティパスを使っています。めちゃくちゃお得なので助かっています。

>>サンディエゴシティパス公式HPはこちら
リンク先の右上の地球マークから言語設定を日本語にできます。

サンディエゴシティパスについて詳しくは以下の記事で解説しています。

詳しくはこちら

サンディエゴシティパスで観光地の入場料を4割引きに!使い方・購入方法も解説

続きを見る

おゆ
4か所以上の観光地を回るのなら絶対にお得です。HPは日本語でも利用できます。
日程的に4~5か所も観光できない…

という方にはテーマパーク1つ1つの入場料が割引になる南カリフォルニア・シティパスがおすすめです。

食費

フレンチトースト

普通に食事すると1人当たりの食費は

  • 朝食:約1,500円
  • 昼食:約2,500円
  • 夕食:約2,500円

です。1人1日当たり約5,500円掛かります。

節約術というかアメリカのレストランで食事する際のアドバイスとしては「少なめに頼んで足りなかったら追加するべし」です。

アメリカ人の1人前を頼むと日本人にとっての2人前の量が来るなんてザラです。

通信費

海外旅行中はスマホでわからないことを調べたり、Googleマップで位置を確認したり、LINEで連絡を取ったりするかと思います。

そのためにレンタルWiFiは必須アイテムです。

アメリカ旅行におすすめのレンタルWiFiは以下の記事で解説しています。

アメリカで使えるレンタルWiFi8つの比較結果や1日あたりのデータ容量の選び方なども紹介しています。

おすすめレンタルWiFi

安い!空港受取可!アメリカ旅行におすすめのレンタルWiFi8選

続きを見る

上の記事でおすすめしているお得なレンタルWiFiはU.S.データとWiFiBOXです。

2人以上でシェアする予定なら1GB/日以上のプランが安いU.S.データが最もお得です。

データ無制限プランはモバイルバッテリーが付いて890円/日と格安で利用できます。

>>U.S.データ公式HPはこちら

1人で使う予定なら500MB/日以下のプランが最安なWiFiBOXがおすすめです。

500MB/日が390円/日で利用でき、利用方法も簡単です。

WiFi機器はモバイルバッテリーとしても使えます。

>>WiFiBOX公式HPはこちら

WiFiBOX

どちらも5台以上のデバイスを同時に接続できるのでグループで共有すればさらにコストを抑えられます。

ESTA

アメリカへ観光目的で90日以内の滞在をする際はESTAを取得する必要があります

仕事目的や90日以上の滞在の場合はビザが必要です。

ESTAを申請するには手数料21ドル(約2,500円)が掛かります。(節約方法はありません…!)

申請してから承認されるまで長くて数日かかるので、渡航の3日以上前に必ず申請しておきましょう。

おわりに:サンディエゴの旅費節約ポイント

記事の中で紹介した旅費節約方法はこちらです。

①エクスペディアで飛行機とホテルを同時予約

②サンディエゴシティパスで入場料割引
③U.S.データのレンタルWi-Fiを共有して通信費節約

どれも満足度を下げずに観光を楽しめるサービスです。

これらを駆使すれば数万円の節約になりますよ。

以下の記事ではアメリカ旅行に必須の持ち物を紹介しています。

日本の国内旅行では必須でないスリッパや歯ブラシなどもアメリカ旅行では自分で持っていく必要があります。

これからアメリカへ旅行に行く方は併せてご覧ください。

アメリカ旅行の持ち物

【実体験】持っていけばよかった…アメリカ旅行に必須の持ち物とあると便利なもの

続きを見る

ブログ村参加中。よかったらポチっとしてってね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-サンディエゴ
-