記事には広告を含む場合があります。

アメリカ観光

無料で観光!ニューヨーク公共図書館本館の見どころ・お土産を紹介

ニューヨーク公共図書館ってどんなところ?見どころは?
どんなお土産が買えるの?観光は無料なのかな?

こんな疑問にお答えします。

おゆ
アメリカ在住のおゆです。ニューヨーク公共図書館に行ってきた経験から記事を書きます。
ニューヨーク公共図書館は無料で楽しめる観光地ですが、クオリティは有料級です。

この記事でわかること

  • ニューヨーク公共図書館本館とは
  • ニューヨーク公共図書館本館の見どころ・買えるお土産
  • ニューヨーク公共図書館本館を観光する際の注意点
  • ニューヨーク公共図書館本館の場所・アクセス方法

ニューヨーク公共図書館とは

ニューヨーク公共図書館本館

ニューヨーク公共図書館はニューヨークにある92の分館と3つの研究図書館から成ります。

観光地として有名なのはマンハッタンのブライアント公園に隣接する本館です。

ニューヨーク公共図書館本館は100年以上前の1911年に創設され、約250万冊もの本を収蔵しています。

建物はアメリカ合衆国国定歴史建造物、さらにアメリカ合衆国国家歴史登録財とニューヨーク市歴史建造物にも指定されており、内外から高く評価されています。

映画「ゴースト・バスターズ」や「タイム・マシン」、「デイ・アフター・トゥモロー」などのロケ地でもあります。

誰でも無料で入場できるマンハッタンの人気の観光地です。

ニューヨーク公共図書館本館の見どころ

荘厳な建物

入口

ニューヨーク公共図書館本館は外観からして非常に立派な建物です。

入口には見事な彫刻が施されています。建物の前には2頭のライオンの石像があり、AstorおよびLenoxという名前が付けられています。

1階は主に白い大理石で作られており、図書館というより美術館のようです。
1階

入ってすぐ係員さんが図書館の地図を渡してくれました。

ゴッテスマン展示ホール

ゴッテスマン展示ホール

1階にあるゴッテスマン展示ホールは無料で入場できる展示エリアです。

床や壁は大理石、天井は彫刻が施されたオーク材でできており非常に美しいです。

ここには世界中から集めた歴史的な書物が展示してありました。
歴史的な書物

日本の書物もありました。
日本の書物

マグロウ・ロタンダの天井画

マグロウ・ロタンダ

3階に上がるとマグロウ・ロタンダという部屋があります。

ここには壁と天井に見事な装飾が施されています。

天井はこんな感じ。プロメテウスというギリシャ神話の神が描かれています。プロメテウスは人間を創造し、知識と文明を与えたと言い伝えられています。
マグロウ・ロタンダの天井画

ちなみに3階に上がる階段の天井も非常にきれいでした。
階段の天井

エドナ・バーンズ・ ソロモン・ルーム

エドナ・バーンズ・ ソロモン・ルーム

こちらはマグロウ・ロタンダに入口がある自習室です。

元々は絵画ギャラリーとして使う予定だったそうで、壁には油絵が飾られています。
エドナ・バーンズ・ ソロモン・ルーム

学生さんと思わしき方たちが静かに自習していました。

ニューヨーク公共図書館本館で買えるお土産・グッズ

ニューヨーク公共図書館本館のライブラリー・ショップにはセンスのいいお土産がたくさん売っていました。

個人的に良いなと思ったのは英語で著名人の名言などが掛かれた小物です。
英語で著名人の名言などが掛かれた小物

同じデザインのマグカップやトートバッグもありました。ニューヨーク公共図書館のシンボルであるライオンも描かれています。
マグカップ

ニューヨークらしい柄のマグカップもありました。
ニューヨークらしい柄のマグカップ

グラスやタンブラーもあります。左のニューヨーク柄のハンドタオルは結構かわいくておすすめです。 
グラスやタンブラー

こちらはオリジナルバッグです。おしゃれですよね。
オリジナルバッグ

ネクタイや皮のバッグもありました。プレゼントに良さそうです。
ネクタイや皮のバッグ

ニューヨーク公共図書館本館を観光する際の注意点

簡単な荷物検査がある

荷物検査

入口では大きいバッグを持った方が中身をチェックされていました。私たちは小さいバッグだったので特にチェックはされず。

食べ物や飲み物、大きすぎるバッグは持ち込み禁止らしいです。

出るときは全員バッグの中をチェックされました。本を持ち帰っていないか確認しているのだと思います。

ほとんどの閲覧室・自習室は入室制限あり

入室制限

エドナ・バーンズ・ ソロモン・ルーム以外の自習室、閲覧室は研究か自習以外の目的で入っては行けないと注意書きがありました。

おゆ
私たちは観光客だったのでこのような部屋には入れませんでした。

1つの部屋を窓から覗いてみたらこんな感じでした。本は観光客が入らない場所に所蔵されていました。
閲覧室

有名なローズ・メイン・リーディングルームにも同じ理由で入れませんでした。観光で中を見たい場合は無料のツアーに参加する必要があります。

ローズ・メイン・リーディングルームとは以下のような一際すばらしい自習室兼閲覧室です。

ライブラリー・ショップは早めに閉まる

図書館が20時まで開いている日でもライブラリー・ショップは17時には閉まっていました。

お土産を買おうと思っている方はお早めに。

靴を脱いでくつろぐのはNG

夫がマグロウ・ロタンダのベンチで靴を脱いでくつろいでいたらスタッフの方に靴を履くように注意されました。

お客さんには失礼のない振る舞いが期待されます。

おゆ
靴を脱ぐのが行儀の良くない行為とは初めて知りました。足は下におろしていましたがNGでした。

ニューヨーク公共図書館本館の場所・アクセス方法

ニューヨーク公共図書館本館はマンハッタンの中心部にあります。

エンパイアステートビルとロックフェラー・センターのちょうど間にあり、どちらからも徒歩10分ほどで行けます。タイムズスクエアからは徒歩7分です。

すぐ隣にはブライアント公園やカフェがあり、屋外でくつろげるようになっています。

おわりに:一見の価値ありです

ニューヨーク公共図書館のような立派な内装の建物はアメリカにちょいちょいあるのですが、日本にはなかなかありませんよね。

ニューヨークに行ったらぜひ体験してみてください。

ニューヨーク公共図書館なら入場料が無料なので気軽に楽しめますよ。

他の観光地にも行く予定ならニューヨークシティパスをご活用ください。観光地への入場料が約4割引きになりますよ

詳しくはこちら

ニューヨークシティパスってどれだけお得?購入方法・使い方・注意点

ニューヨークの観光地って入場料が高いんだね…割引とかないの? ニューヨークシティパスを使うとどれだけ割引されるの?購入方法は?どうやって使うの? こんなお悩みに答えていきます。 おゆアメリカ在住のおゆ ...

続きを見る

おゆ
筆者もニューヨークシティパスを使って観光してきました。観光地の入場料は結構高いので助かりました。

ブログ村参加中。よかったらポチっとしてってね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-アメリカ観光
-,