クレジットカード

アメリカ駐在員がデルタアメックスゴールドクレカを選ぶ理由

2022年6月27日

アメリカ版のデルタアメックスカードってどんなクレカ?どんな特典があるの?
デルタアメックスカードの中でも特にゴールドカードをおすすめする理由は?

こんな疑問にお答えします。

この記事でわかること

  • デルタアメックスカード4つの比較
  • デルタアメックスゴールドカードが特におすすめな理由
  • 他のカードブランドでなくアメックスを選ぶのはなぜか
おゆ
アメリカ在住のおゆと申します。わが家ではいくつものクレジットカードを見比べた上でデルタアメックスゴールドカードを選びました。その理由を交えて記事を書かせていただきます。

アメリカ版デルタ航空のアメックスクレジットカードを比較

デルタアメックスカードは以下の4種類があります。

①デルタアメックスブルーカード(Delta SkyMiles Blue American Express Card)
デルタアメックスブルーカード

②デルタアメックスゴールドカード(Delta SkyMiles Gold American Express Card)
デルタアメックスゴールドカード

③デルタアメックスプラチナカード(Delta SkyMiles Platinum American Express Card)
デルタアメックスプラチナカード

④デルタアメックスリザーブカード(Delta SkyMiles Reserve American Express Card)

4つのカード共通の特典はこちらです。

デルタアメックスカード共通の特典

  • 基本のマイル還元率は1ドル当たり1マイル
  • デルタ航空やレストランなどの支払いでマイル還元率アップ
  • 外貨手数料無料
  • カードを使って機内で買い物すると20%のクレジットバック
  • 貯まるスカイマイルは有効期限がない

それ以外の特典はカードによって異なります。こちらで主な特典を比較してみてください。

デルタアメックスブルーカード デルタアメックスゴールドカード デルタアメックスプラチナカード
年会費 無料 99ドル
(初年度無料)
250ドル 550ドル
条件達成で入会ボーナス 10,000マイル 最大70,000マイル 最大90,000マイル 最大100,000マイル
預け荷物1つ無料 ×
優先搭乗 ×
空港ラウンジ利用 × × △(1人39ドルで可)
MQDの免除 × × 〇(年25,000ドルのカード払いで免除) 〇(年25,000ドルのカード払いで免除)
年1万ドル以上支払いで100ドルのクレジット進呈 × × ×
更新時に国内便往復特典航空券進呈 × × 〇(Main Cabin) 〇(First, Comfort+, Main Cabin)

※MQDとはスカイマイル会員のランクアップに必要なデルタ航空または提携航空会社の航空券購入総額です。ここで引っかかってランクアップできないことが多いです。

入会ボーナスは時期によって変わります。春と秋のキャンペーン時はアップすることがあります。

入会ボーナスの達成条件は3か月以内にデルタアメックスのカード払いで一定額以上の支払いをすることです。必要な支払額は

  • ブルーカード:500ドル
  • ゴールドカード:2,000ドル
  • プラチナムカード:3,000ドル
  • リザーブカード:5,000ドル

です。生活費や娯楽費をデルタアメックスカードで払えば3か月で2,000~3,000ドルは可能かと思います。

おゆ
年会費が上がるほど特典が豪華です。ゴールドカードは初年度の年会費が無料でこれだけの特典が受けられます。

ちなみにマイル還元率はクレカの用途によってアップします。以下は1ドル支払ったときに貯まるマイル数の比較です。

支払い先 デルタアメックスブルーカード デルタアメックスゴールドカード デルタアメックスプラチナカード デルタアメックスリザーブカード
デルタ航空 2マイル 2マイル 3マイル 3マイル
レストラン 2マイル 2マイル 2マイル 1マイル
アメリカのスーパー 1マイル 2マイル 2マイル 1マイル
提携のホテル 1マイル 1マイル 1マイル 1マイル
上記以外 1マイル 1マイル 1マイル 1マイル

デルタアメックスゴールドカードがおすすめする理由

おゆ
数あるデルタのクレジットカードの中でもわが家ではデルタアメックスゴールドカードを選びました。

デルタアメックスゴールドカード

ここではなぜゴールドカードがおすすめなのかを解説します。

ゴールドカードにした理由は主にこちらです。

  • 入会ボーナスが最大70,000マイルと大きい
  • 同行者も含めて預け荷物が1つ無料
  • 初年度の年会費が無料
  • 1年に10,000ドルカード支払いすると100ドル分のクレジット進呈

アメリカ国内旅行の主な移動手段は飛行機ですが、2人分の往復飛行機代だけで10万円以上になることもザラです。しかし入会ボーナスマイルを使えば飛行機代をまかなえます

おゆ
わが家ではカンクン旅行の2人分往復航空券を合計88,000マイルで購入しました。入会ボーナスと日本からアメリカに来るときに貯まったマイルでまかなえました。

カンクン発のフライトの明細書はこちら。税金や一部の料金は現金払いですが、基本的にマイルで支払えます。
予約レシート

通常は預け荷物が有料なのでスーツケースでも機内持ち込みする人が多く、荷物入れがいっぱいになりがちです。ゴールドカードを持っていれば同行者も含めて1人1つ無料なので困ることはありません。

さらに初年度は年会費が無料です。1年以内に解約してもいいですし、1年で10,000ドル以上使えばデルタ航空で使える100ドル分のクレジットが進呈されます。これがあれば年会費99ドルは実質タダです。

一方でここまで読んだ方はもしかしたら

デルタのゴールドカード良さそうだけど、アメックスよりVISAやMaster Cardの方が使えるお店が多いんじゃない?そっちのカードじゃダメなの?

と思うかもしれません。確かに加盟店の数はVISAやMasterの方が多いです。

しかし在米歴が1~2年未満の方にはアメックスをおすすめしますなぜなら在米歴が浅いとVISAやMasterの審査に通るのが難しいからです。

おゆ
わが家では渡米半年で以下の3つのカードを申請しましたがどれも落ちました。
  • Bank of America Cash Reward (Master)
  • Chase Freedom Unlimited Credit Card (VISA)
  • Amazon Prime Rewards Visa Card (VISA)

VISAはChaseという銀行が発行しているカードが多く、どれも審査が厳しいで有名です。審査を通すにはアメリカで数年間クレカを使って信用を貯めるか、Chaseの銀行口座を開設してある程度の金額を振り込む必要があります。

Masterも同じく審査が厳しいので、数年間カードを使って信用を貯めるかBank of Americaが発行しているカードなら銀行口座を開設してお金を入れておく必要があります。

アメリカの銀行口座は残高や毎月の振込額が基準以下だと維持費が掛かります。

しかもカード申し込みをするたびにクレジットヒストリーに良くない影響を与えるので何度もトライするのはおすすめできません

一方、VISAやMasterに比べてアメックスは審査が緩いです。

おゆ
わが家でもデルタアメックスゴールドカードは渡米半年で申請して1発で通りました。

アメリカにはアメックスが使えるお店が多いです。スーパーならコストコ以外は大体使えますし、公共料金やスマホの支払いなどにも使えています。

そのため在米歴が浅い方にはアメックス系のカードがおすすめです。中でも旅行をする方にはデルタアメックスゴールドカードが向いているかと思います

紹介リンク経由の方が通常申し込みより多くの入会ボーナスポイントがもらえるのでよろしければどうぞ。

>>紹介リンクはこちら

マイルの貯め方や使い方はこちらの記事で解説しています。

こちらもCHECK

デルタ航空のスカイマイルとは?使い方・交換方法・貯め方

デルタ航空の飛行機を使おうと思ってるんだけど、マイルってどうやって貯めたらいいの?使い方や交換方法も知りたい。 スカイマイルって何?どういうシステムになってるの? こんな疑問にお答えします。 この記事 ...

続きを見る

おわりに:デルタアメックスゴールドカードの感想

デルタアメックスゴールドカードは作って良かったです。夫の周りの駐在員の方も軒並み作っているので人気なのが伺えます。

優先搭乗できる権利も付いているのですが、実は最近まで知らなくてまだ使っていません…優先搭乗すれば機内持ち込みしたリュックも荷物棚がいっぱいになる前に入れられて便利そうです。

他にも特典満載なのでかなりおすすめです。

ブログ村参加中。よかったらポチっとしてってね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-クレジットカード