電車・バスの乗り方

丁寧に解説!ニューヨークの地下鉄の乗り方と治安【実体験】

2021年12月10日

ニューヨークの地下鉄の切符はどう買うの?改札はどう通るの?
治安はいいの?

こんなお悩みにお答えします。

こんにちは。アメリカ在住のおゆと申します。先日、旅行でニューヨークの地下鉄とバスを利用してきました。格安料金で移動できて使い勝手もよかったです。

ここでは実際にニューヨークの地下鉄(MTA)とバスを使った経験をもとに、乗車券の買い方と乗り方ついてわかりやすく解説します。観光客として過ごしてみて感じたニューヨークの地下鉄の治安についても紹介します。

この記事を読めばニューヨークで地下鉄とバスで観光するのに困らない程度の知識を付けられます

ニューヨークの地下鉄の乗車券

種類と料金

メトロカード

メトロカード

ポイント

  • 発行手数料は$1
  • Suicaのように料金をチャージして使える
  • 運賃はどこまで乗っても一律$2.75
  • 一定期間乗り放題にもできる
  • ローカルバスと地下鉄両方で使える
  • 2時間以内であれば電車・バス間の乗り換えが1回無料

乗り放題について

ローカルバス(普通のバス)と地下鉄で使える乗り放題プランは7日間(7-Day Unlimited)か30日間(30-Day Unlimited)から選べます。料金は7-Day Unlimitedが$33、30-Day Unlimitedが$127となっています。
1回の乗車が$2.75なので、元を取るには7-Day Unlimitedなら12回以上、30-Day Unlimitedなら47回以上使う必要があります。

エクスプレスバスも使いたい場合は7-Day Unlimited Express Bus Plusという7日間乗り放題プランもあります。(普通に観光する分にはローカルバスと地下鉄だけで十分です。)

乗り放題を購入すると、その期間中だけチャージ金額は消費されなくなります。

電車・バスの乗り換えは1回無料

メトロカードを使って2時間以内に乗り換れば、1回分の運賃$2.75で電車・バス両方に乗車できます。乗り換えが無料になるのは1回までです。乗車方法は通常と同じです。メトロカードを使わない場合は電車・バスそれぞれで運賃を支払う必要があります。

シングルライド

ポイント

  • 1回のみ使用できる
  • 料金は$3
  • ローカルバスと地下鉄両方で使える
  • バス間の乗り換えのみ1回無料

乗り換えについて

バスからバスへの乗り換えは2時間以内であれば1回無料です。乗り換えを希望する場合は乗車時に運転手にTransfer Ticketをもらいます。ただし、同じ路線にもう一度乗ることはできません。同じ路線の逆方向も不可。

バス・電車間での乗り換えはそれぞれで料金を支払う必要があります。

子供は無料(身長制限あり)

44インチ(約120cm)の子供であれば大人同伴で電車・バスに無料で乗車できます。改札を通る際はバーの下をくぐり抜ければOKです。

バスは現金でもOK

バスは現金でも乗れます。ただし、$2.75をきっちり支払う必要があります。日本のように両替機がないので、小銭を前もって用意する必要があります。

乗車券の買い方

ここではメトロカードを新規購入する場合の購入方法を解説します。シングルライドを購入する場合も参考になると思います。

乗車券は駅や空港などにある券売機で購入します。
券売機

初期画面はこちら。見にくくてすみません…「Touch start to begin」と書いてあるので、画面をタッチします。
初期画面

次に言語を選ぶ画面に行きます。残念ながら日本語はないので一番理解しやすいものを選びます。
言語を選ぶ画面

「Refill your card」は既に持っているメトロカードにチャージする場合に選びます。新規購入は右の「Get New Card」を選択します。
乗車券の種類の選択
ちなみに、シングルライドが買える券売機では「Single Ride」というボタンも出るのですが、このように買えない券売機もあります…

「Get New Card」を選ぶとチャージして使うか乗り放題にするかを聞かれます。チャージして使う場合は「Regular MetroCard」を、乗り放題の場合は「Unlimited Ride」を選択します。
メトロカードのタイプ

前の画面で「Regular MetroCard」を選ぶといくらチャージするかを聞かれるので、チャージしたい金額を選びます。「Unlimited Ride」を選択した場合は何日間の乗り放題にするかを聞かれます。
チャージ金額

支払い方法を選択します。クレジットカードで支払う場合は「Credit Card」を選択します。デビットカード支払いは「ATM Card」を選択します。日本の銀行のデビットカードは海外で使えないことがあるので注意です。
支払い方法
ちなみに、この券売機では現金支払いができません。現金支払いできる機械ではここに「Cash」ボタンが追加されます。

クレジットカード(またはデビットカード)を挿入してくださいと表示されるので、券売機の「CREDIT ATM CARD」と書いてある場所にカードを入れます。
クレジットカード挿入
カード挿入口

カードを取り出してくださいと出るのでカードを回収します。
カード回収

おゆ
券売機によってはこの後、「Please enter your ZIP code」と表示されることがあります。日本のクレカを使った場合は適当な5桁の数字を入れればOKです。アメリカのクレカの場合はアメリカの郵便番号を入れます。

$○○支払いますと表示されるので、OKを押します。
支払金額確認

支払いを実行しています。
支払い実行中

支払いが終わったらメトロカードを取り出してくださいと出ます。画面下の「METRO CARD」と書いてあるところからメトロカードを受け取ります。
メトロカード受け取り

レシートはいりますかと聞かれるので、YesかNoを選びます。
レシートがいるか

Yesを選ぶと下からレシートが発行されます。奥の方に丸まっているので指を突っ込んで取り出します。
レシート取り出し

ニューヨークの地下鉄の乗り方

駅の看板で駅名と通っている線を確認します。EやFなどが地下鉄の線のマークです。
駅の看板

目的地までの経路をGoogleマップで検索した時もこのマークが出てきます。
経路検索画面

マンハッタンでは北行きの電車が「Uptown」、南行きが「Downtown」と表記されます。UptownとDowntownで改札が違うこともありますので、入る前に方向が合っているか確認しましょう。

改札はこんな感じ。
改札

メトロカードを写真の向きに持ち、スライドさせます。↙マークの下には小さい文字でメトロカードの残高が出ます。必要に応じて確認してからバーを押して入ります。
メトロカードのスライド

メトロカードの向きを間違えると読み取ってくれないので注意です。スライド速度は速すぎても遅すぎてもバーは動きません…何度かやっているとコツがわかってきます。

改札を通ったら駅の表示を頼りにホームに向かいます。アメリカでは日本と違い、違う線の電車が同じホームに来ます。見分け方は電車のフロントガラスとサイドの窓に書いてあるアルファベット。上に書いたように各線はアルファベット1文字で表されます。↓はEの線です。
電車

電車内では駅名をアナウンスしてくれますが、すっごく聞き取りにくいです。駅の表示かGPSを頼りにするといいかもです。

出口改札は入口のようにバーを押すタイプと、回転ドアになっているタイプがあります。どちらもメトロカードを通す必要はなく、そのまま出ます。
改札出口

ニューヨークの地下鉄の治安

地下鉄の雰囲気

地下鉄の駅のホームはこんな感じです。

ホーム

こちらは地下鉄の中の様子。

電車内1

電車内2

電車も駅も古いので日本の電車より少し暗いですが、特に危険は感じませんでした。乗客にはアジア人の見た目の方もいたのでちょっと安心でした。

とはいえ、地下トンネル内には落書きがあったりと日本ほどは治安が良くないので、気は抜かないでおきましょう。

おゆ
個人的には次行ったときも安全に気を付けつつ利用したいです。運賃が他の交通手段に比べてかなり安いのが魅力です。

滞在中本当にあった話

筆者は先日、旅行でニューヨークに1週間滞在したのですが、その間に印象的なことが4つもあったので紹介します。どれもよくあることらしいですが( ;´Д`)こういうこともあるというのを踏まえた上で利用すれば、あまり驚かずに済みます。

①一駅楽団

電車に乗っているとむき出しの楽器を持った3人組が乗車。すぐに演奏が始まりました( ;´Д`)実際のがこちら。

他の乗客を見ると、特に反応していなかったので同じようにしていました。1分くらい演奏したら1人が帽子を裏返してチップを集め、1駅で降りていきましたとさ。

②無賃乗車

改札を出ようと歩いていたら向かいから足の長いお姉さんが歩いてきて、改札のバーをひょいと跨いで中に入ってきました。駅員さんがいなかったので特にお咎めなし。

おゆ
たぶん見つかったら普通に怒られるので、絶対マネしないでくださいね。

③物を売っている方

電車に乗っていると子供をおんぶした女性が子供のリュックと大きい箱を持って歩いてきました。箱の中にはスナックなどが入っており、それを売っている様子。子供を育てるために物を売っているのかな…ほとんどの方は気に留めていませんでしたが、何かを買っている人は1人いました。

おゆ
買ってもいいものなのか、私にはわかりません…

④ホームレスの方

電車に乗っていると男性が入ってきて大きな声で「Ladies and gentlemen! I'm homeless!」と言い、お金を募っていました。それまでは近くの席で若者3人がワイワイ喋っていたのですが、ホームレスの方が来たら一気に静かになって下を向いていました。他の方たちも無反応だったので、私たちも無心でスマホを凝視。ホームレスの方はすぐに違う車両に歩いていきました。

おゆ
こういう時は無反応が一番なのでしょう…

ニューヨークの総領事館の情報

9月6日夜、地下鉄4番線の走行中の車内において、59th駅到着前に車内で物乞いをしていた男性に在留邦人の方が突然頭部を殴られ負傷したとの情報を確認しました。

引用:在ニューヨーク日本総領事館HP ニューヨーク市の地下鉄の治安情勢について

ニューヨークの治安は昔に比べると改善していますが、2021年でもこういうことはあるので気は抜けません。日本ではないという意識を持ち、1人で地下鉄を利用するのは避ける、夜間は避けるか人がいる車両に乗るようにするなど対策が必要です。

利用時の注意点

券売機によっては…

乗車券の買い方のところで書いたように、場所によってシングルライドが買えなかったり、現金が使えないことがあるので注意です。アメリカはクレジットカード社会なので、クレジットカードは必ず持っていきましょう。日本で作ったクレジットカードでもOKです。

改札を通るとき

日本とは違ってバーを押すタイプなので、荷物が多いときは特に注意です。

私たちはスーツケースを持っていたのですが、一度スーツケースを先に通すためにバーを押してしまい、人が入れなくなったことがありました。しょうがないのでもう一度メトロカードをスワイプして入ることができましたが、2回乗車分の料金を取られてしまいました…日本と勝手が違うので、思わぬ失敗に注意です。

おゆ
スーツケースはピッタリと体の横に付けて通るか、ハンドルを縮めてバーの下を通すのがいいかも。

トラブルに遭わないために

旅行前はトラブルに遭わないために在アメリカ総領事館HPなどを参考にして対策を考えていました。結果、気を付けていたことは以下の通りです。

  • 人の少ない時間帯・駅を避ける
  • 1人での利用は避ける
  • 目立たない格好をしていく
  • 日本語での会話は少な目に(目立たないようにという意味で)
  • どんな人がいても反応しない

とにかく目立たないに越したことはないと思います。

被害に遭ったらどうすればいい?

万が一被害に遭ってしまった場合は「911」に電話しましょう。アメリカでは日本でいう110番と119番の役割を「911」が担っています。「Japanese Please」と言えば日本語でも対応してくれます。

まとめ

ニューヨークの地下鉄は安くて便利なのでまた利用したいと思っています。同時に、日本でないということは常に念頭に置いています。Ninjaのように目立たずスマートに利用しましょう。

忍者

ブログ村参加中。よかったらポチっとしてってね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-電車・バスの乗り方
-